すごい枚数!「東武東上線 全46駅記念乗車券」3/13から限定数販売、大正時代に全通した東上鉄道がルーツの東上線系統46駅コンプリート

東武鉄道は、「東武東上線全46駅記念乗車券」を東上線・越生線主要駅で3月13日から発売する。

この東武東上線全46駅記念乗車券は、2020年10月31日に開業した「みなみ寄居<ホンダ寄居前>駅」の本設置化を記念した300セット限定品。

東上線・越生線各駅の乗車券がセットでつき、表紙はみなみ寄居駅舎を使用。中面には東上線・越生線の各駅開業日を年表にして紹介している。

46枚ある記念乗車券は、大人片道の硬券でOPP袋入り。各駅から150円区間。有効期間は、2021年3月13日~2021年4月12日。1回限り有効。

払いもどしのさいは、各券片未使用につき150円の手数料がかかるため、実質払いもどし額は発生しない。

販売は、池袋、下板橋、大山、上板橋、成増、和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越、川越市、若葉、坂戸、東松山、森林公園、小川町、武州長瀬の合計17駅で。

販売価格は、1セット6900円。300セット限定でひとり2セットまで購入できる。

大正時代に全通した東上鉄道がルーツ

東上線は、1914(大正3)年に開業した東上鉄道 池袋~田面沢(現在の川越市~霞ケ関 33.5km)がルーツ。現在の東上線は大正時代に東上鉄道が全通させた。

1920(大正9)年に東上鉄道と合併し、東武 東上線に。1943年には東武鉄道が越生鉄道を買収するかたちで東武 越生線に。

東武東上線系統は現在、東上本線 池袋~寄居 75.0営業キロに39駅、越生線 坂戸~越生 10.9営業キロに7駅あり、合計46駅で構成。その最も新しい駅、みなみ寄居<ホンダ寄居前>駅は、ホンダ寄居工場の最寄り駅として2020年10月に開業した。

◆東武東上線にあす18年ぶりの新駅が誕生 「みなみ寄居駅」開業式典の様子をお届け!
https://tetsudo-ch.com/10857785.html

◆東武東上線新駅は「みなみ寄居 <ホンダ寄居前>」 2020年10月31日開業
https://tetsudo-ch.com/9966035.html

(画像:東武鉄道)

#全国 #ニュース #東武 #きっぷ