釧路支社管内のキハ40が国鉄一般気動車標準色に 4月「周年記念イベント2021」でお披露目 JR北海道

JR北海道釧路支社は、2021年度に「花咲線全通100周年」「釧網線全通90周年」「釧路~白糠開通120周年」「石勝線開通40周年」「釧路駅開業120周年」といった多くの「周年」を迎えることから、「周年記念イベント2021」を開催する。

開催日時:2021年4月3日、4日 11時~16時
開催場所:釧路駅1番ホーム、コンコース及びステーションギャラリー(同駅2階)

1番ホームでは、釧路支社管内で運転を続けてきたキハ40形気動車を、かつて北海道線内各線区で活躍した「キハ22形」等の国鉄一般気動車標準色に塗装し、「地球探索鉄道ラッピング」「ルパンラッピング」「流氷(白)ラッピング」車両と連結してお披露目する。公開時間は11時40分~12時50分頃で、車内に入ることもできる。

また、入場券を購入し、おおぞら6号出発後に改札口から入場した方には、両日先着100名限定で「釧路駅開業120周年記念バッチ」をプレゼントする。

国鉄一般気動車標準色塗装車両は、お披露目後に他のキハ40形と同様に根室本線(釧路~新得間)を中心に運行。4月下旬にはさらにもう1両、国鉄一般気動車標準色塗装車両の運用を開始する予定だという。

#北海道 #ニュース #JR北海道 #キハ40 #ラッピング車両