東京-新青森間は4時間オーバーに…2月24日から全線再開する東北新幹線 福島県沖地震

JR東日本は2月22日、全線再開時の東北新幹線の詳細ダイヤを明らかにした。

東北新幹線は2月13日に発生した福島県沖地震の影響で、当初は那須塩原~盛岡間で運行を見合わせていたが、2月16日には一ノ関~盛岡間が、2月22日には仙台~一ノ関間が再開。2月24日には残る那須塩原~仙台間も再開する。

ただし、全線再開後も運行本数を通常の3分の2程度とし、一部区間では速度を落として運行する。そのため、東京~仙台・盛岡間の到達時間が1時間程度長くなり、東京~新青森間を3時間台で結んでいた『はやぶさ』は4時間10~30分程度となる。

なお、直通運行している北海道新幹線については、早朝・夜間に運行する盛岡直通の『はやて93・98号』を除いて線内のみの運行となる。秋田・山形新幹線は直通運行を再開するが、終発が1時間程度繰り上がる場合がある。東京発下りと新青森発上りの初発・終発は通常ダイヤと変わらない。

#JR東日本