西武初「軽量型ホームドア」国分寺駅7番ホームで採用、5番ホームは従来型

西武鉄道は2021年3月2日13時35分頃より、国分寺駅5番ホーム(国分寺線)でホームドアの使用を開始する。駅ホームにおける更なる安全性の強化を目的としたもので、こちらは池袋駅や練馬駅と同様の従来型。

一方、7番ホーム(多摩湖線)では同社としては初となる「軽量型ホームドア」を採用。3月中に使用を開始する予定だ。同ホームドアは稼働部にパイプ状ドアパネルを用いたもので、戸袋部もコンパクトで軽量構造になっているという。

#関東 #ニュース #西武