北港テクノポート線、舞洲のどこを線路が通るか

2025年日本国際博覧会(大阪万博)の舞台、夢洲(ゆめしま)へとむかう新線―――北港テクノポート線。

北港テクノポート線建設事業の表記では、北港テクノポート線は新桜島~コスモスクエアの間、7.3kmの鉄道で、起点は此花区北港2丁目、終点は住之江区南港北1丁目。事業者は大阪港トランスポートシステム(OTS)と大阪市。

計画上は起点の新桜島駅から反時計回りに、舞洲(まいしま)、夢洲を貫くイメージ。運行上は、Osaka Metro(大阪メトロ)中央線のコスモスクエア駅から線路から伸ばして、時計回りに夢洲、舞洲、新桜島へと延伸するイメージ。

この延伸計画、夢洲までは着工し始めている。舞洲や新桜島へ延伸するか、実現性とかについては不明だけど、舞洲のどこを線路が通るか、いろいろな計画図をみながら歩いてみた。

「たぶんこの道路の地下に線路が通る」とつかんだのは、夢舞大橋のひとつ西側を行く道。「おおきにアリーナ舞洲」とセブン-イレブン セレッソスポーツパーク舞洲店の間にある道路(画像↑↑↑)。

いちばん上の画像↑↑↑で、バス、トラックの先にある赤信号で、線路も道路に沿うように右折。あとは、此花大橋に沿うように地下を行き、阪神高速 北港ジャンクションの下に終点の新桜島駅ができるイメージ。

途中駅の舞洲駅は、この画像↓↓↓の道路の下あたりにできそう。佐川急便湾岸センター付近。夢洲~舞洲~新桜島の計画ルートは、どう動くか不明だけど、つくるとなると、こうした道路の下をシールド工法で掘っていく感じ。

―――この計画ルートの地上をトレースするようにおおきにアリーナ舞洲方面行き 2系統 舞洲アクティブバスが走っている。JR桜島線 桜島駅から出て、アリーナまでは15分ほど。

ちなみに、このきらきらした煙突は、大阪市、八尾市、松原市、守口市で構成する一般廃棄物の処理・処分を行う大阪広域環境施設組合の舞洲工場。

#ニュース #近畿 #OsakaMetro #新駅 #試してみた