アネック「鹿児島本線の車両たち 肥薩篇」を11月21日に発売

アネック、「鹿児島本線の車両たち 肥薩篇」を11月21日に発売

アネックでは、DVD「鉄道アーカイブシリーズ70 鹿児島本線の車両たち 肥薩篇 鹿児島本線 (八代〜西鹿児島(現:鹿児島中央))」を2020(令和2)年11月21日(土)に発売します。
鉄道アーカイブシリーズは路線や形式ごとに、1990年代から現在に至るまで活躍した国鉄形車両を中心に、新形車両なども一部含めながら、さまざまな車両たちの足跡を走行シーンで紹介する作品です。
本作は、九州新幹線開業前の八代から西鹿児島(現:鹿児島中央)間を「鹿児島本線 肥薩篇」として紹介します。肥薩おれんじ鉄道となった八代海(不知火海)沿岸の風光明媚な区間を、475系や水戸岡鋭治氏初のオリジナル特急車両である787系が走行するようす、新大阪から西鹿児島(現:鹿児島中央)を結んだ寝台特急“なは”や713・717系、キハ58系なども収録されています。
また、かつて肥薩線で運転されていた急行“くまがわ”、豊肥本線のSL“あそBOY”さよなら運転のようす、鹿児島本線の北九州地域と筑豊本線で活躍していた50系客車、寝台特急“はやぶさ”などもあわせて収録されています。

■鹿児島本線の車両たち 肥薩篇
収録 本編約106分
価格 本体3619円(+税)
発売日 2020年11月21日
販売元 アネック

#肥薩線 #JR九州 #鹿児島県 #宮崎県 #熊本県