新旧『レッドアロー』が並ぶ日も近い…元西武10000系が富山地鉄に入線

西武鉄道(西武)の10000系『ニューレッドアロー』が10月12日、富山入りした。

今回到着したのは富山地方鉄道(富山地鉄)が譲り受けた4両で、「富山地鉄アテンダント」の公式ツイッターでは、JR貨物のEH500形電気機関車に牽引され、富山地鉄新魚津駅(富山県魚津市)に隣接するJR貨物魚津駅に入る10000系の動画が紹介されている。報道によると、今後は2021年度の営業運行に向けた改修が行なわれる予定だという。

10000系は、新型特急用車両001系『Laview』の登場に伴ない、3月に西武池袋・秩父線特急の定期運用から離脱しており、今後の去就が注目されていた。

富山地鉄では、1995年から翌年にかけて、西武の初代『レッドアロー』こと5000系を譲り受けた実績があり、16010形として運用されている。西武からの特急車両譲渡はそれ以来となる。

16010系は、主要走行機器にJR485系のものが流用されていることから、西武時代と同じ仕様ではないが、塗色は『レッドアロー』のものを踏襲している。10000系は1995年までに5000系を置き換えた車両であり、今後は富山地鉄で新旧の『レッドアロー』を見ることができるかもしれない。

#西武鉄道 #富山地方鉄道 #富山地鉄