JR四国、2700系の運転本数を7月18日から拡大

JR四国2700系

JR四国では、2020(令和2)年7月18日(土)から、2700系の運転本数を拡大すると発表した。

本数が拡大される列車は、特急“南風”、“しまんと”、“あしずり”、“うずしお”で、同日以降“南風”の28本中18本(現行6本)、“しまんと”の10本中4本(現行2本)、“あしずり”の16本中4本(現行2本)、“うずしお”の33本中23本(現行15本)、がそれぞれ2700系で運転される。

JR四国2700系「土讃線アンパンマン列車」

このうち、特急“うずしお”については、2017(平成29)年にデビューした2600系とあわせ、全33本中31本が新形車両による運転となる。あわせて岡山—高知間の“南風”の一部は「土讃線アンパンマン列車」として、1日3往復するAパターン(“南風”2・3・14・15・26・27号)と1日2往復するBパターン(“南風”6・7・18・19号)が隔日で交互に運転される。
2019(令和元)年8月から運転を開始した2700系は、全座席にモバイル用コンセントを設置し、車内で無料Wi-Fiが利用できることが特徴で、2020(令和2)年6月には鉄道友の会が選定した2020年の「ローレル賞」を受賞している。JR四国では、1987(昭和62)年に受賞したキハ185系、1990(平成2)年に受賞した2000系以来、30年ぶり3度目の受賞となった。

#JR四国